ダイエットや運動・ファスティングでメタボ体質改善!のTOPに戻る

メタボ健診について


 最近は、メタボ検診という言葉、ポピュラーになってきましたね。

 このメタボ検診というのは、2008年4月から実施される特定健診制度による特定健康診査および特定保険指導の事を指しています。

 主に、メタボリックシンドロームや生活習慣病といった、自覚症状のほとんどない、したがってあまり積極的に治療しようとしないような病気に対して健康診断を行い、その結果に基づいて改善する為の指導を行うというものです。

 メタボ検診は、企業の健康保険組合、国民健康保険を運営する市区町村などといったところで採用が義務付けられています。40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受ける必要、義務があります。

 検査項目は腹囲、血糖値、血圧、コレステロール値で、それぞれに設けられた基準値を上回った場合、指導を受けなくてはなりません。

 つまり、メタボ検診というのは、これまでの健康診断からさらに一歩踏み込んだ形の健診ということになります。

 ここ数十年の日本では、運動不足や食事の欧米化に伴い、肥満体質、あるいは隠れ肥満の若者が急激に増えてきました。

 肥満は健康とはいいがたい状態であり、生活習慣病の元になることが多いと言われています。

 それを軽度の状態のうちに発見し、予防または治療するために、この検診を義務化するという事ですね。

 しかし、これには異論もあり、体型は個性であり、人それぞれなので、それに国が口を出すのはおかしいという人も少なくないようです。

 それは確かに一理あると思います。

 生活習慣病対策とはいえ、個人の体型までも国が管理するような状況は、国民をまるでロボットかなにかのように扱っているんじゃないかという意見もあるようです。それも一理あるかと思います。

 とはいえ、決まってしまったものですし、誰かに注意されないと、いつまでも体質改善を真剣に行えない人が多いのも事実なんです。

 ある意味、国が憎まれ役を買って出たようなものですね。

 メタボ検診というのは、様々な人達にとって健康とは何か、健康的な体型とは何か、健康管理とは何かを問いかけるものなのかもしれません。

関連コンテンツ

メタボ健診とダイエット市場

 メタボリックシンドロームに対する健診、いわゆるメタボ健診が平成20年4月より義務化されました。これがダイエット市場に対し非常に大きな影響を与えています。  メタボ健診が義務化されるという事は、・・・

運動によるメタボ対策

 メタボ検診で検査される項目、腹囲、血糖値、血圧、コレステロール値は運動によってその値を改善できるものです。  つまり、メタボリックシンドロームの予防や治療に、運動が非常有効であるということです・・・