ダイエットや運動・ファスティングでメタボ体質改善!のTOPに戻る

運動によるメタボ対策


 メタボ検診で検査される項目、腹囲、血糖値、血圧、コレステロール値は運動によってその値を改善できるものです。

 つまり、メタボリックシンドロームの予防や治療に、運動が非常有効であるということです。

 メタボ検診を受けるにあたり、運動する習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

 メタボ検診によって検査されるメタボリックシンドロームは、内臓脂肪を減らす事によって予防できます。

 この内臓脂肪は、皮下脂肪と比較しても落としやすいそうです。運動によって落とすのが最も効果的とされています。

 では、どういった運動が内臓脂肪を落とすのには良いとされているのでしょうか。

 良く、お腹を引っ込める為にする運動が腹筋ですよね。

 なので、メタボ防止やダイエットの為に腹筋をしている人は多いのではないでしょうか。
しかし実際には、効率的とはいえません。

 腹筋はあくまでも腹筋を鍛える為の運動であり、脂肪を落とすのには向いていません。もちろんやって損をするという事はありません。しかし内臓脂肪を落とすためであれば、他に有効な運動があるということです。

 最もメタボ予防に有効といわれているのは、有酸素運動の継続です。

 激しい運動を10分するよりも、ウォーキングを1時間した方が効率が良いのです。

 時間が掛かるという短所、デメリットも、健康状態を保つ為だけではなく、精神的にゆとりを持つ、スローな生活にシフトするという意味では決してマイナスばかりではありません。

 何より、運動が苦手だったり、お年を召している人にとっても、ただ歩くだけで効果が出るという事実は歓迎すべきものです。

 メタボ検診をきっかけに、毎朝30分でも、15分でもウォーキングを行うだけで、随分結果が変わってくると思います。

関連コンテンツ

メタボ健診とダイエット市場

 メタボリックシンドロームに対する健診、いわゆるメタボ健診が平成20年4月より義務化されました。これがダイエット市場に対し非常に大きな影響を与えています。  メタボ健診が義務化されるという事は、・・・

メタボ健診について

 最近は、メタボ検診という言葉、ポピュラーになってきましたね。  このメタボ検診というのは、2008年4月から実施される特定健診制度による特定健康診査および特定保険指導の事を指しています。 ・・・