ダイエットや運動・ファスティングでメタボ体質改善!のTOPに戻る

メタボの基準:腹囲


 メタボ検診で検査する項目は、良く知られているように、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値です。

 この中の腹囲は、肥満について診断する為に測定します。

 基準として、男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上が指導の対象となる、とされています。

 とはいえ、腹囲は必ずしも肥満を図る絶対的なバロメーターになるとは限りません。

 元々ガッチリした体型の人や、腹筋を鍛えている人は必然的に腹囲が大きくなるからです。また、腹式呼吸が必要な職業、オペラ歌手や管楽器走者の場合も、職業的に大きな腹囲が必要な場合もあります。

 極端な話、身長が2mくらいある男性の場合は、腹囲が85cmでも全く太っているとはいえないでしょう。

 逆に、身長が150cmくらいの人であれば、80cmでも太っていると言えます。

 何より、基準値以下であってもそのお腹の中が脂肪ばかりなら、それは肥満という事になります。

 いわゆる隠れ肥満ですね。

 また国によっても、メタボリックシンドロームの基準は異なるので、話がややこしくなります。というわけで85cm、90cmというのが必ずしも肥満であるという証明にはなりません。

 メタボ検診では、そういった細かい部分までの検査はできないようです。

 実際、一人ひとりにそこまで突っ込んだ検査をしていたら時間が幾らあっても足りないので、一定の基準値を取り敢えず定めてみました、といったところでしょう。これは致し方ないことだと思われます。

 というわけで、そういった項目で引っかかって指導を受けることになっても、それを恥だと思う必要は全くありません。

 医師や保健士の方はきちんと把握しているはずですので、メタボ検診の指導の際に説明を受けることになるでしょう。

関連コンテンツ

メタボの基準:コレステロール

 メタボ検診では、コレステロール値も測定します。  コレステロール値は、肥満、特に脂質異常症(以前は高脂血症と呼んでいました)について診断を行う際に重要とされる指標です。  コレステロール・・・

メタボの基準:血糖値

 血糖値もメタボ検診の検査項目にはいっています。  血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度の事です。  これが何を表すかというと、体内に適切な量の糖分が摂取されているか、そしてそ・・・

メタボの基準:血圧

 血圧の検査は、生活習慣病のひとつの高血圧の診断を行うためです。  高血圧は動脈硬化を引き起こし、それが脳卒中、心不全、腎障害、閉塞性動脈硬化、虚血性心疾患などを引き起こす大変危険な状態なので、・・・

メタボリックシンドロームの診断の基準

 2008年の4月から実施されているメタボ検診によって、メタボリックシンドロームという言葉が一躍有名になり、注目が一気に広まっています。  それに伴い、メタボという言葉についての正確な認識が求め・・・