ダイエットや運動・ファスティングでメタボ体質改善!のTOPに戻る

メタボの基準:血糖値


 血糖値もメタボ検診の検査項目にはいっています。

 血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度の事です。

 これが何を表すかというと、体内に適切な量の糖分が摂取されているか、そしてその糖分がしっかりとコントロールされて一定の値になっているかということを調べるわけです。

 血糖値は上昇すると、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって制御され、血糖値を下げるように調整されるのですが、このインスリンの分泌量が少ない、若しくは十分な働きができないといった場合に、高血糖の状態が慢性的に継続し、糖尿病になってしまうのです。

 したがって、血糖値は糖尿病を検査する上で重要な数値という事になります。

 ただ、この血糖値は比較的変動しやすい数値です。食後にはかなり高くなりますし、過度のストレスを感じている時や、発熱や過度の痛みを発症している場合にも大きく上昇する場合があります。

 この事から、メタボ検診の際には、直前に食事を取らないようにしなければなりません。

 メタボ検診による血糖値の基準値は110mg/dlで、これを上回っている場合は指導の対象となります。

 ですが、血糖値が高いからと言って、必ずしもそれが糖尿病の前兆であるとは限りません。落ちついて専門家の指導を受けることが重要なのです。専門家はそういった背景をしっかり把握していますので、まず貴方の状態から問診するかと思います。

 それに見栄などを張らず正直に答えれば、間違いなく正確な診断をして貰えるでしょう。

関連コンテンツ

メタボの基準:コレステロール

 メタボ検診では、コレステロール値も測定します。  コレステロール値は、肥満、特に脂質異常症(以前は高脂血症と呼んでいました)について診断を行う際に重要とされる指標です。  コレステロール・・・

メタボの基準:血圧

 血圧の検査は、生活習慣病のひとつの高血圧の診断を行うためです。  高血圧は動脈硬化を引き起こし、それが脳卒中、心不全、腎障害、閉塞性動脈硬化、虚血性心疾患などを引き起こす大変危険な状態なので、・・・

メタボの基準:腹囲

 メタボ検診で検査する項目は、良く知られているように、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値です。  この中の腹囲は、肥満について診断する為に測定します。  基準として、男性の場合は85cm・・・

メタボリックシンドロームの診断の基準

 2008年の4月から実施されているメタボ検診によって、メタボリックシンドロームという言葉が一躍有名になり、注目が一気に広まっています。  それに伴い、メタボという言葉についての正確な認識が求め・・・