ダイエットや運動・ファスティングでメタボ体質改善!のTOPに戻る

メタボの基準:コレステロール


 メタボ検診では、コレステロール値も測定します。

 コレステロール値は、肥満、特に脂質異常症(以前は高脂血症と呼んでいました)について診断を行う際に重要とされる指標です。

 コレステロール値が高いと、動脈硬化を引き起こす要因の脂質異常症(高脂血症)となると言われており、メタボリックシンドロームの予兆と言えます。

 コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があるというのは有名な話です。メタボ検診では主に善玉コレステロールの量を測定します。

 善玉コレステロールは、血管壁についている悪玉コレステロールを剥がし、肝臓に戻すという働きを担っています。この善玉コレステロールの量が少ないと悪玉コレステロールがたまり、それを駆除するために集まってくる肥満細胞が、アテロームという物質になって血管をふさいだり詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞の血栓症を引き起こします。

 よって、一定量の善玉コレステロールがない人は肥満になりやすく、また血管が詰まりやすい体質と言えます。

 メタボ検診ではこの量が40mg/dl未満の場合は、指導の対象となるようです。

 善玉コレステロールを増やすには、食生活を改めるのが一番とされています。

 牛肉や豚肉やバターなどの動物性脂肪が多い食物はなるべく控えるようにしましょう。イワシやサバなどの青魚、納豆や豆腐などの植物性脂肪を採る事で、かなり善玉コレステロールの量を増やす事ができます。

 また、適度な運動も非常に有効です。

 身体を動かして汗を流す事で、善玉コレステロールが増加します。

 禁煙や節煙、節酒も必要とされています。

 メタボ検診を受ける前に、これらの事を行って、善玉コレステロールを増やしておけば、指導を受けないで済むかもしれませんね。


関連コンテンツ

メタボの基準:血糖値

 血糖値もメタボ検診の検査項目にはいっています。  血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度の事です。  これが何を表すかというと、体内に適切な量の糖分が摂取されているか、そしてそ・・・

メタボの基準:血圧

 血圧の検査は、生活習慣病のひとつの高血圧の診断を行うためです。  高血圧は動脈硬化を引き起こし、それが脳卒中、心不全、腎障害、閉塞性動脈硬化、虚血性心疾患などを引き起こす大変危険な状態なので、・・・

メタボの基準:腹囲

 メタボ検診で検査する項目は、良く知られているように、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値です。  この中の腹囲は、肥満について診断する為に測定します。  基準として、男性の場合は85cm・・・

メタボリックシンドロームの診断の基準

 2008年の4月から実施されているメタボ検診によって、メタボリックシンドロームという言葉が一躍有名になり、注目が一気に広まっています。  それに伴い、メタボという言葉についての正確な認識が求め・・・